山本 普乃 (やまもと ゆきの)


細棹三味線を主とし、お座敷唄や長唄等の古典曲から、現代・オリジナル曲等、ジャンルにとらわれない幅広い演奏と作曲活動をし、独自のスタイルで三味線音楽を開拓している。
現代邦楽研究所第一期生。ビクター邦楽技能育英賞受賞。NHK邦楽オーディション合格。長谷検校記念全国邦楽コンクール優秀賞。慶応義塾大学国文学科卒業。

2000年上原潤之助と三味線デュオ「三糸SANSHI」を結成。
小唄・端唄・俗曲・民謡・長唄などの古典曲から現代曲、オリジナル曲、更にはポップス、ロック、ジャズ、クラシック他まで、幅広いジャンルの演奏をする。

2003年より、古典~現代曲、オリジナル曲をプログラムした自主公演と、「現代のお座敷」と題したライブハウスでのシリーズライブを展開中。
「三糸の三味線三昧!わ~くショップ」主催。
2007年 CD「流 NAGARE」(Northern Lights Records)を全国一斉発売。

2008年女三味線弾き「ねのいろ」を結成。代表。
山本普乃とその門下の女性三味線弾き達による細棹三味線ユニット。山本普乃作品を中心にプログラム、細棹三味線の粋で繊細で華やかな「音」と、それぞれの曲、演奏者の「色」=「音の色」を大切にしながら、三味線音楽の楽しさを探求、発信すべく、年に一度の定期公演を中心として活動中。



<最近の主な活動>
・三枝成彰作曲オペラ「忠臣蔵」に三絃ソロとして出演(二期会・東京交響楽団)。

・NHKドラマ「ハチロー」「陽炎の辻」「キルトの家」「陽だまりの樹」等に出演。

・「マツケンAWA踊り」(GENEONよりCD発売中)の三味線担当。

・豪華客船「飛鳥Ⅱ」のデビュークルーズにゲストエンターティナーとして乗船。

・国民文化祭・やまぐち2006にて、舞踊のための創作曲「山口の四季」を作曲演奏。

・フジテレビ「第44回新春かくし芸大会2007」細木数子の演目に伴奏出演。

・柴崎コウ、阿部サダヲ主演、東宝映画「舞妓Haaaan!!!」に出演。

・東宝映画「21世紀少年」演奏協力。

・2014年 学研パブリッシングより、古典邦楽各ジャンルにて活躍する演奏家のLIVE収録CD「日本伝統音楽の粋」シリーズにて「お座敷唄OZASHIKIUTA」を発売。

・2015年日本テレビ連続ドラマ「Dr.倫太郎」出演。

オリジナル曲CD『流Nagare』『滴Shizuku』『さち』(以上Northern Lights Records )、古典曲CD『お座敷唄 山本ゆきの~小唄 端唄 俗曲 民謡 決定盤』1、2(以上 音緒乃会)、 『お座敷唄Ozashikiuta 山本ゆきの』(学研パブリッシング) 好評発売中。

山本普乃オリジナル曲スコアー好評発売中。(音緒乃会)

「和楽器にチャレンジ~三味線をひいてみよう」執筆。

「やさしい三味線教本」曲提供。(共に汐文社)。


他、NHK FM「邦楽百番」「邦楽のひととき」多数出演。
TVドラマへの出演や音楽制作協力、又アーティストのアルバムにも多数参加。

国際交流基金等によりモンゴル・ドイツ・オランダ・台湾等、海外公演多数。

全国各地の教育機関や地域団体等にての三味線講習会や後進指導も積極的に行っている。

女三味線弾き「ねのいろ」代表。音緒乃会主宰。狛江三曲協会会員。
ホームページ http://yukino.kazekusa.jp/

Photographs(c)Mayumi Takahashi